fc2ブログ
元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です

2024/031234567891011121314151617181920212223242526272829302024/05

middle_1162571938.jpg
時系列で言うと少しさかのぼるが、9月末の某日、2級建築士の製図試験が四国の某国立大学で執り行われた。
今回はその報告である。
結論から言うと、「失敗」だった。私こと山口ジジイは最期まで図面を書ききれなかった。

私が考えたプランは、なかなかのものではあった。某N建学院、S合学院の模範解答のプランとほとんど差異はなし。
指導していただいた訓練校のK先生も、「あと時間が10分あって書き込んでたら、合格だったと思う。」と言ってくれた。
しかし私は書ききれなかった。悔いばかりが残る・・・。書き込みが不足しており、表現力のある図面になってない。
私は書ききれなかった。私は書ききれなかった。

残念であり悔しいが、また違った心持ちもある。
「もう一度受けて、納得のいく図面を書きたい。」
今回の試験の結果はまだ出てないが、私は必勝を誓ったのである・・・。
応援コメントくれた方、良い報告にならず、すみません。

「追記」

試験当日、やや遅れて会場に着いた私は、異様な光景を目にしていた。
日曜で静かなはずの某国立大学の一角に、大勢の人が群がっている。そして、なんだか異様に興奮している。
私は数十メートル先から遠目に見てたのだが、人々は何か黒い物体に群がっているように見える。
あまり時間はなかったのだが、気になった私はその黒い物体に近づいてみた。黒い物体はいったい何なのだろう。
その正体は、鯨だった。息絶え黒い肉の塊と化した小さな鯨は、あわれ解剖されていた。
私は、ゲンセン館主人のように「ギョギョッ」としたことを覚えている。そして、すぐに立ち去った。
その日、夜のローカルニュースで、この解剖が取り上げられていた。そのニュースによると某国立大学の近隣サービスなのだそうだ。
独立行政法人になって大変なのかもしれないが、鯨の解剖が、はたして近隣サービスになるのであろうか。
はなはだ疑問である。いったいどういうセンスなのだ・・・。

【人気ブログランキング】←がんばれよー、と思った人はクリックを。
【FC2ブログランキング】←さらに応援してくれる方、ありがとうです。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
まだまだ
試験の結果、もう出ちゃったんですか?
残念だったようですが、まだ何度でも機会はありますから、またチャレンジしましょう。
今回の失敗は次の成功への足がかりです!
応援☆☆
2008/06/27(金) 10:25 | URL | たくたくろ #-[ 編集]
試験はたった1度で判断されちゃうから大変ですよね。
鯨の解剖…そそられましたが近隣サービスって(笑)。
2008/06/28(土) 08:04 | URL | やさい #-[ 編集]
たくたくろさん、失敗は成功の母といいますもんね。
結果発表は、ちょっと待ってね・・・。

やさいさん、あーた、鯨の解剖にそそられたって(笑)
私は、やさいさんの足に、そそられそうです(ポッ)
2008/06/28(土) 16:24 | URL | 山口ジジイ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/35-b57f672e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック