FC2ブログ
元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です

2020/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/09

CA3H0482 - コピー
※表面の溶接の様

TIG(ティグ)溶接でも、突き合わせ下向き溶接が、基本的な実戦訓練となります

被覆アーク棒溶接と同じで、表面よりも裏面の裏波がでるかでないかが、肝ですな

V型に開先を加工しまして、ステンレスの板と板の隙間であるルート間隔を2ミリ~3ミリほどあけまして

トーチを近づけるとピンホールができます

そして、そこに溶加棒を突っ込みます

するってえと、このように裏波ができるってえわけです

CA3H0483 - コピー

だけど、私のした溶接は、裏波ビードが安定してません

下の画像のように何枚も何枚もやり、だいぶ安定するようになりましたが、なかなか難しいです

CA3H0488 - コピー
※裏面のビード。左側は練習した溶接で、右が提出したもの

CA3H0487 - コピー
※表面の溶接ビードの様。表は比較的しっかりしてるんだけどな

ということで、今回のステンレスの突き合わせTIG溶接の評価は、

残念ながら、上から2番目の○でした


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓          ↓ 
 にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 人気ブログランキングへ
ありがとうです
関連記事
コメント
この記事へのコメント
今回は評価が○ですか・・・
でも、山口さん、次がありますよ!
きっと◎ですよね、頑張ってください(^^)
それにしても、溶接って難しいですね~ (-"-;)
2010/12/17(金) 20:23 | URL | ガケっぷち主婦 #-[ 編集]
練習第一
とにかく練習第一でしょうね(^^;溶接はやってなんぼですからね。佐世保の最終100円当たりました(^^ゞ
http://imepita.jp/20101217/616400
2010/12/17(金) 20:58 | URL | 宇都宮人 #-[ 編集]
こんばんは。

とても難しそうですが、頑張って下さいね。
2010/12/17(金) 21:21 | URL | Happyまみりん #-[ 編集]
こういうことって、やりながら上手くなっていくものなんでしょうね。
結構、難しそうです。
2010/12/17(金) 22:58 | URL | 桃源児 #-[ 編集]
ここで覚えたことが将来役に立つのですから、頑張ってください。
やはり、数をこなして慣れていくしかなさそうですね。
2010/12/18(土) 00:20 | URL | ブルー・ブルー #-[ 編集]
こんばんは!

う~ん、今回もなかなか大変そうですね。(;´▽`A
素人考えだと、ちゃんとつながってれば良いじゃんと思っちゃいますが、
それだけじゃ強度も不安定なのかな。

次回のリベンジを応援してます!
2010/12/18(土) 00:37 | URL | だこだこ #-[ 編集]
徐々に・・・
高度なテクニックが要求されるようになってきましたね
(´・ω・`)

ってか、帝王切開の跡のように見えるのは
3Bbakuだけでしょうか (6 ̄  ̄)ポリポリ

では、恒例のポチッと。。。
2010/12/18(土) 01:26 | URL | 3Bbaku #-[ 編集]
管理人山口ジジイ
ガケっぷち主婦さん
そうなのですよ
やればやるほど、難しい
けっこ奥が深いのです

宇都宮人さん
習うより慣れろですね
3連単9100円じゃないですか
いいなあw

Happyまみりんさん
まあ、がんばります
なんとも、はや
一生懸命やってるんですがねえ

桃源児さん
習うより慣れろ
と言われてます
がんばるのみですな

ブルー・ブルーさん
おっしゃる通りですね
倒れるときは、
まえに向かって倒れますよw

だこだこ さん
そうなんですよ
ただくっついてりゃいいってものでは
ないみたいで、難しいです

3Bbaku さん
帝王切開に見えるのは、
日本広しといえども、そういません
素晴らしい発想ですなあw
2010/12/18(土) 23:39 | URL | 山口ジジイ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/732-32008218
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック