元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

昨日の記事で、坂の上の雲ミュージアムから見えたこの建物は、萬翠荘(ばんすいそう)と言いまして、今日はその記事になります

CIMG1784 - コピー

『春や昔 十五万石の 城下かな』

正岡子規が、故郷松山を謳った俳句である

もともとの松山城は、関ヶ原で徳川に味方した賤ヶ岳七本槍の加藤嘉明が建てたが、その後は、徳川家康の腹違いの弟の子松平某が入封しました
この伊予松山藩は、幕末まで続く
そして江戸末期、天下は、尊王攘夷、開国佐幕と二分されたが、松山藩は徳川親藩、藩主は幕末幕府の老中までしていたので、当然佐幕派であり、維新の志士はでなかった

江戸幕府は大政奉還し、松山藩には土佐藩が一時期駐屯する
松山藩は、莫大な賠償金を支払うこととなる

この萬翠荘は、松山藩主の子孫、華族であった久松定謨(ひさまつ さだこと)伯爵が別邸として大正期に建てた270坪の建物だそうで、当時の金で30万円、
現在の価値に直すと19億円という莫大な金額がかかったそうである
殿さまの子孫は、やっぱとんでも金持ちだったんですな
フランスに長く駐在していた定謨は、フランスかぶれで、ネオルネッサンスのこの鉄筋コンクリート造りの屋敷を建てたとのこと

坂の上の雲の主人公、秋山兄弟や、正岡子規は、世が世なればこの殿さまの家来だったというわけですな

建ててる時、のちの昭和天皇になる裕仁親王が来県することとなり、完成を急がせたそうです
当時、摂政をしていた裕仁親王は、この萬翠荘に一泊し、定謨からもてなしをうけたと言われてます

萬翠荘は、戦災を逃れ当時のまま現存し、一時期、一階の晩餐の間を、高級洋食レストランとして、営業していたこともあるそうです
今では愛媛県指定有形文化財に指定されております

入館料は、300円
時には、ミニコンサート、絵画の展覧会など行われてます

私は、坂の上の雲ミュージアムに行ったついでに、初めて寄ってみましたが、意外に立派だったので驚きました
地元の名所は、なかなか足が向きませんが、行ってみると意外な発見があるかも

CIMG1744 - コピー CIMG1776 - コピー
※玄関と、階段の様子。手すりは高級なチーク材で、大工はいい仕事をしている。家紋もみえる

CIMG1752 - コピー CIMG1755 - コピー
※左が貴賓室で、天皇が朝食をとったとされる。右が迎賓室

CIMG1756 - コピー CIMG1761 - コピー
※各室には、左のような暖炉があり、右のように、天井も凝っており、廻り縁も立派だ

CIMG1767 - コピー CIMG1750 - コピー 
※左、ドア枠の額縁も、このように豪華なものだ。右は、高校生が作った萬翠荘の模型、見事ですなあ

CIMG1763 - コピー CIMG1764 - コピー
※御影石でできたベランダ手すりと、ベランダから見える松山の街の風景

CIMG1758 - コピー CIMG1773 - コピー
※左、昭和天皇。私は正直言って、あまり天皇という存在は好きでないのだが、天皇と言えば昭和天皇が思い出される。
 右が、久松定謨(ひさまつ さだこと)伯爵。陸軍にいたそうだ。

CIMG1780 - コピー
※下から見上げると、なかなかの迫力であった。ステンドグラスは、ハワイから購入したそうだ

CIMG1779 - コピー
※この向こうには、正岡子規が居候してた夏目漱石が住んでた借家の愚陀佛庵を復元した建物があったそうだ
 が、大雨で流れてしまった。ゲートをして入れないようにしている


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓          ↓ 
 にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 人気ブログランキングへ
ありがとうです
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントありがとうございます
先日はコメントありがとうございます。

そうですね山口さんのいうとおり、つまらないことを言ってくる人にかまっていてもしょうがないので無視します笑

批判するコメントをされましたが、わたしは自分が批判される事はあまり嫌いではないです。
批判したがるという事はその人は、少なからずわたしのことをうらやましいと思っているはずです。

その証拠にその人は、自分のURLを貼っていないので。
もし彼がほんとに他の人を見下しうらやましがるような人生を送っているならそんなことはしないはずです。

長くなりましたが今後とも是非よろしくお願いします。
2010/12/25(土) 10:58 | URL | yasu #-[ 編集]
古い建物なのに、中身全体綺麗ですよね。長持ちいけますね。投票しました。
2010/12/25(土) 11:11 | URL | sisi #-[ 編集]
外も内も高級感が溢れる洋館ですね。
一時はレストランでしたか、ここで食べると、殿様気分になれたかも?
2010/12/25(土) 20:46 | URL | 桃源児 #-[ 編集]
萬翠荘(ばんすいそう)・・・ですか。
初めて見るし聞く名前です。
松山にこんなアンチークな洋館があるなんて、
もっと宣伝するべきですね。
大正時代が蘇るような建物と部屋・・・。
山口さんの案内で、館内を廻っている気分になりました (*^-^)♪
2010/12/25(土) 21:35 | URL | ガケっぷち主婦 #-[ 編集]
こんばんは。

お洒落で素敵な洋館ですね。
2010/12/25(土) 21:49 | URL | Happyまみりん #-[ 編集]
なかなか・・・
雰囲気がある建物ですね +.+゚d(´∀`*)グッ!!
以前、3Bbakuが撮影に使ったスタジオに似ているかも
(*´∀`*)
ってか、ここでそんな撮影をしていたら摘み出され
ちゃいそうですけどね ( ̄▽ ̄;)アハハ…

では、恒例のポチッと。。。
2010/12/25(土) 23:34 | URL | 3Bbaku #-[ 編集]
僕も天皇という存在は好きでないです。

2010/12/25(土) 23:46 | URL | Anthony #-[ 編集]
こんばんは!

すごい!これが別邸なんですか!?
19億もの別邸が建てられるほどの財力・・・
大政奉還に反対する藩主が多かったのもうなずけますね。

やっぱりミニスカートですよね。(笑)
私もついついそっちに目が行っちゃって。
最近、オジサン化してる気がします。
2010/12/26(日) 00:15 | URL | だこだこ #-[ 編集]
すごい!!
お城のような豪邸

こんな所に住んでみたいけど、なんか出てきそうで(笑)
2010/12/26(日) 01:13 | URL | ちびか~ちゃん #OtobTvHM[ 編集]
この時期に建てられた洋館って、今でもけっこう残っていますよね。
こっちにも三井の洋館が残っていて結婚式とかで使われています。
2010/12/26(日) 10:30 | URL | ブルー・ブルー #-[ 編集]
萬翠荘、ですね。

大雨で流されたとうろ覚えの記事が頭をよぎります。いま、指定管理で運営されてるんですよね。
伊予の萬翠荘、池之端の三菱岩崎邸を連想させまする。。
2010/12/26(日) 20:08 | URL | morimachi #.7kYjqzU[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/12/27(月) 21:26 | | #[ 編集]
管理人山口ジジイ
みなさんコメントありがとうございます
みなさんの感想読んでると、私のつたない記事でも、
萬翠荘の豪奢さが伝わってて、とてもうれしいです
また郷土の名所を紹介する記事をかきたくなりましたw

morimachi さんへ
池之端のは分かりませんが、東京の岩崎邸には、行ったことありまして、その豪華さはすごかった
財閥を作った男とは、やはりすさまじいですな

yasu さんへ
こういうブログやってると、そういう批判はきますね
私も甘んじて受け止めてますが、的外れな内容も多くて、チャンチャラおかしいこともありますw
2010/12/30(木) 00:52 | URL | 山口ジジイ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/735-9339e114
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック